モバイルバッテリーの寿命は何年なの?長持ちさせるためのコツは?

公開日:2022/11/01   最終更新日:2022/11/16


モバイルバッテリーで、気になるのが「バッテリーの寿命」です。せっかく購入したなら、できるだけ長く使いたいところです。ヘビーユーザーであればなおさらでしょう。では、モバイルバッテリーの寿命はどれくらいなのでしょうか。今回はモバイルバッテリーの寿命・長持ちさせるコツについて詳しくご紹介します。

モバイルバッテリーは何回使える?

実際、モバイルバッテリーは、一体何回使えるのでしょうか?モバイルバッテリーは、一般的には約300~500回ほど使えるといわれています。もし、毎日1回モバイルバッテリーでの蓄電と給電を繰り返せば、単純計算で約1~1年半ほどでモバイルバッテリーの寿命がきます。

ただし、これは絶対ではありません。使用環境により異なります。またモバイルバッテリーは、一度使用するとしばらく放置していても経年劣化が進みます。そのため、回数に関係なく、いきなり寿命を迎えることもあります。

ここからは、モバイルバッテリーの寿命が長いのか、短いのかを知るためにほかのデバイスのバッテリーの寿命についてご紹介します。スマホのバッテリーの寿命は500回程度です。ノートパソコンのバッテリーの寿命は、約500~2,000回程度です。タブレットのバッテリーの寿命は、300~500回程度です。これらからいえることは、特別モバイルバッテリーの寿命が短くはないということです。使い方を守り、大事に使いましょう。

モバイルバッテリーの買い替え時期

モバイルバッテリーの買い替え時期とは、一体どんなタイミングなのでしょうか?こちらでは、モバイルバッテリーの買い替え時期についてご説明します。

本体への充電時間が長くなった時

1つ目の買い替え時期が「本体への充電時間が長くなった時」です。モバイルバッテリーをある程度の期間使っていると、これまでは2~3時間程度で終わっていた本体への充電が中々終わらなくなってきます。ユーザーによっては「もう、終わっているはずなのにまだ半分も終わっていない」ということがあります。この状態は、モバイルバッテリー本体内部が劣化しているからです。もし、100%満充電に中々ならないときは買い替え時期です。

使用開始から2年以上経過している時

2つ目の買い替え時期が「使用開始から2年以上経過している時」です。モバイルバッテリーを使い始めて2年以上経過すると、使用頻度にかかわらず電池の劣化が進んでいます。そのまま使っていると、ある日突然急激にパフォーマンスが下がることがあります。使用頻度に関係なく、2年を過ぎたら買い替え時期と思った方がよいでしょう。

本体が膨らんできた時

3つ目が「本体が膨らんできた時」です。一般的なモバイルバッテリーには、リチウムイオン電池が使われています。リチウムイオン電池は、使い始めてある程度経過すると経年劣化が始まります。その症状が本体の膨らみです。電池内には薬品などが入っています。本体が膨らむということは、内部で化学反応を起こし膨張していることが考えられます。この状態で長く使っていると大変危険です。少しでも、本体の膨らみを感じたらすぐに買い替えましょう。

モバイルバッテリーを長持ちさせるためにできること

モバイルバッテリーを長持ちさせるためには、一体どうすればよいのでしょうか?こちらでは、モバイルバッテリーを長持ちさせる方法についてご紹介します。

残量0前に充電する

1つ目の方法は「残量0前に充電する」ことです。モバイルバッテリーは、絶対に残量0になるまで、給電してはいけません。その理由は「過放電」になり、電池が傷み劣化が進むからです。これはリチウムイオン電池を内蔵しているすべてのバッテリーにいえることです。必ず、容量を残した状態で充電するようにしましょう。

蓄電が完了したら充電を止める

2つ目の方法が「蓄電が完了したら充電を止める」ことです。モバイルバッテリーは、充電が100%になったら、それ以上の充電は電池に負荷をかけてしまいます。よって、充電を止めなければなりません。理由は、充電が100%になっても充電し続けると「過充電」になるからです。過充電になると、電池が傷み劣化して寿命が縮んでしまいます。最近のスマホには、過充電防止機能がついています。ところがモバイルバッテリーはついていないものが大半です。電池を守るために、蓄電が完了したら充電を止めましょう。

充電中にはデバイスを使わない

3つ目の方法が「充電中にはデバイスを使わない」ことです。充電中にデバイスを使うと熱が発生します。バッテリーに熱は大敵です。モバイルバッテリーは高温になるほど、内蔵されている電池を傷めて劣化を進めます。デバイスを使う時は、モバイルバッテリーから接続を切った状態で使いましょう。

まとめ

今回はモバイルバッテリーの寿命・長持ちさせるコツについてご紹介しました。だれもが、せっかく購入したモバイルバッテリーを長く使いたいと思っています。ところが間違った使い方を続けていると、確実にモバイルバッテリーは劣化を進めてしまいます。今回ご紹介したモバイルバッテリーを長持ちさせる方法を実践することで、安全に長くモバイルバッテリーを使うことができます。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

昨今のキャンプブームや防災意識の高まりによって、役立つアイテムとしてモバイルバッテリーやポータブル電源が注目を集めています。両者とも共通することといえば、コンセントがない場所や停電などの状況

続きを読む

サンワダイレクト (サンワサプライ株式会社) 住所:岡山県岡山市北区田町1-10-1 TEL:086-223-3311 現在に生きる、多くの人たちにとってスマホは必須のアイテムです。そのため

続きを読む

オウルテック 住所:神奈川県海老名市中新田5-24-1 HP内に問い合わせフォームあり 一般的にスマートフォンに比べて、モバイルバッテリーは脇役的な存在です。モバイルバッテリーにスポットライ

続きを読む

Trinity HP内に問い合わせフォームあり 国内にはさまざまなモバイルバッテリーブランドがあります。各ブランドとも、ほかにないユニークなスペックを採用することで、優位性を高めています。そ

続きを読む

Omnicharge オムニチャージ社 HP内に問い合わせフォームあり 現在、世界のあらゆる国々で、さまざまなモバイルバッテリーが開発されています。そんな中、発売から急速に注目を集めているモ

続きを読む

AirAlly (株式会社ロア・インターナショナル) 住所:東京都新宿区新宿六丁目27番45号THE KINDAI 20 SHINJUKU 3F TEL:03-6231-4061 一般的にモ

続きを読む

スマートフォンやタブレット端末の利用頻度が高い方は、モバイルバッテリーの利用頻度も高いのではないでしょうか。そのような場合、モバイルバッテリーを何度も買い替えるのは高いな・・・と感じてしまう

続きを読む

モバイルバッテリーで、気になるのが「バッテリーの寿命」です。せっかく購入したなら、できるだけ長く使いたいところです。ヘビーユーザーであればなおさらでしょう。では、モバイルバッテリーの寿命はど

続きを読む

Lakko Amazonや楽天にて購入可能 すばやい充電時間にこだわった製品を数多く取り揃えたLakko。Lakkoが取り扱うモバイルバッテリーにはどんな特徴があるのでしょうか。4期連続でベ

続きを読む

モバイルバッテリーは、使用していなくても少しずつ劣化していってしまうものです。そのため、できるだけ長持ちさせるためには、取り扱いに注意しなければいけません。この記事では、モバイルバッテリーを

続きを読む