オウルテックの口コミや評判

公開日:2022/11/15   最終更新日:2022/11/16

オウルテックの画像
オウルテック
住所:神奈川県海老名市中新田5-24-1
HP内に問い合わせフォームあり

一般的にスマートフォンに比べて、モバイルバッテリーは脇役的な存在です。モバイルバッテリーにスポットライトを当てているユニークなメーカーがあります。そのメーカーを「オウルテック」といいます。オウルテックは、コラボやオリジナルブランドで、モバイルバッテリーを輝かせています。今回は、オウルテックの特徴を詳しくご紹介します。

大光量のLEDライトを兼ね備えた「OWL-LPB24001LCA-GY」

オウルテックは、1992年3月に創業した神奈川県海老名市に本拠を構える企業です。現在の業務内容はパソコン・スマートフォン・タブレットなどの周辺機器を主に扱うデバイスアクセサリー製造メーカーです。創業当初は、パソコンに使うフロッピーディスクドライブ・PCケースなどの製造を行っていました。その後、パソコン周辺機器からスマートフォンアクセサリーへ主力業務をシフトチェンジします。

オウルテックが大きく注目されるきっかけになったのは、2018年の絵本『えんとつ町のプペル』のモバイルバッテリーを販売した時です。発売されたモバイルバッテリーには、えんとつ町のプペルがプリントされ、ファンにはたまらない1台になります。また、オウルテックはそのほかにも、横浜F・マリノスのモバイルバッテリーを作成するなど、さまざまなコラボ商品が発売されました。今回は、オウルテックのおすすめのモバイルバッテリーと高品質な製品を提供してきたオウルテックの考え方について詳しくご紹介します。

1台目が「大光量のLEDライトを兼ね備えたOWL-LPB24001LCA-GY」です。OWL-LPB24001LCA-GYが発売されたのは、2022年7月です。OWL-LPB24001LCA-GYは、これまで作り上げてきたアウトドアプロダクトを生かして、新しく生み出された「ebi(イービーアイ)」ブランドから発売されたものです。ebiブランドの由来は、本社が神奈川県海老名市にあるからではありません。

「enrich(豊かに)」「brio(活気に満ちる)」「inspire(元気づける)」のそれぞれのイニシャルからとられて付けられました。オウルテックはアウトドアメディア「hinata」の運営元であるvivit株式会社とのコラボ経験があります。その時は、アウトドアアイテムのLEDランタンを共同製作しました。オウルテックは、その時の経験を元に、今後もアウトドアアイテムが伸びることを予想し「ebi」ブランドを立ち上げました。

今回「ebi」ブランドの第1弾となるのが「OWL-LPB24001LCA-GY」の発売です。OWL-LPB24001LCA-GYの特徴は大きく次の2つです。

1つ目の特徴は、大光量を発できるLEDランタンを搭載していることです。明るさは最大540ルーメンを発できます。真っ暗な中でも、文字が読める程度の明るさがあります。

2つ目の特徴は、24,000mAhの大容量モバイルバッテリーとしても使えることです。24,000mAhだと、最大光量540ルーメンなら約13時間、最低光量に切り替えると最長で約57時間も明るさが続きます。給電に置き換えると、5,000mAh容量のデバイスであれば、約3.8回給電ができます。

小型で軽量のモバイルバッテリー「OWL-LPB3351」

2台目が「小型で軽量のモバイルバッテリーOWL-LPB3351」です。OWL-LPB3351が発売されたのは、2022年5月です。パッと見から、驚くほどのコンパクトサイズです。実際のサイズは幅28×奥行き24×高さ106mmで、重さが80gほどになります。手のひらサイズで、持ち運びもラクラクです。

容量はリチウムイオン電池(3.6V)3,200mAhで、iPhoneであればちょうど1回分の給電量です。カラーバリエーションは「ホワイト・ライトピンク・パープル・ミントブルー」の4色がラインナップしています。出力はUSB Type-Aポートの5V1Aで、入力はUSB Type-Cポートで5V1Aです。充電時間は約3時間程度で、満充電状態になります。本体の電気残量をLEDインジケーターが4段階で表示してくれます。

対応機種はiPhone・iPad・アンドロイドスマートフォン・タブレット・Wi-Fiルーター・オーディオプレイヤー・ポータブルゲーム機・Bluetoothスピーカーなどが対象です。デザインが可愛くて、カラフルなカラーリングなので、若い女性にとくにおすすめです。

確かな技術で高品質な製品を提供

最後に、オウルテックの製品開発・提供に関する考え方についてご紹介します。オウルテックは「設計・開発・製作・検査」などの設備機器をすべて社内にそろえているメーカーです。簡単にいうと、外注やOEMをして購入した製品を、自社ブランドの製品として販売していないということです。つまりオウルテックは設計から、出荷までの全行程をすべて自社内で行っているということです。その後の販売は、家電量販店と直販サイトで販売しています。

オウルテックは、製品の品質をより向上させるために、次の5つのプロセスに徹底的に取り組んでいます。

1つ目が「商品企画」です。商品企画をする理由は、現在の複雑なニーズに素早く対応するためです。オウルテックがよくコラボするのも、マーケットのニーズに敏感だからになります。

2つ目が「開発・設計」です。開発・設計をする理由は、新製品や新技術を新しく開発するためです。マーケットのニーズを無視して、同じ物ばかり作っていると、マンネリ化していき売れなくなります。

3つ目が「試作・評価」を重ねることです。試作・評価を重ねる理由は、製品の品質・性能・精度を高めるためです。製品に関する問題をすべて解消すると、量産化体制をできます。

4つ目が「量産・品質検査」です。量産・品質検査をする理由は、不良品を発生させないようにするためです。不良品が発生すると、一気に顧客の評価は下がります。たった1つの不良品をなくすことから、会社に対する信用を高めることができます。

5つ目が「販売・サポート」です。お客さんに手元にしっかりと製品を届け、使ってもらった後の評価を貰うことで、さらなる改良・新商品の開発に生かすことができます。

まとめ

今回は、オウルテックの特徴についてご紹介しました。オウルテックは、モバイルバッテリーを作っているメーカーです。ただし、作るだけでなくマーケティングにも力を入れています。いかにターゲットの顧客が欲しがるかを常に研究して製品を開発しています。コラボ製品がその成功例で、毎回SNSを通じてユーザー間で話題になっています。オウルテックはこれからも、ユーザーが欲しがるモバイルバッテリーを作っていくことが予想されます。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

昨今のキャンプブームや防災意識の高まりによって、役立つアイテムとしてモバイルバッテリーやポータブル電源が注目を集めています。両者とも共通することといえば、コンセントがない場所や停電などの状況

続きを読む

サンワダイレクト (サンワサプライ株式会社) 住所:岡山県岡山市北区田町1-10-1 TEL:086-223-3311 現在に生きる、多くの人たちにとってスマホは必須のアイテムです。そのため

続きを読む

オウルテック 住所:神奈川県海老名市中新田5-24-1 HP内に問い合わせフォームあり 一般的にスマートフォンに比べて、モバイルバッテリーは脇役的な存在です。モバイルバッテリーにスポットライ

続きを読む

Trinity HP内に問い合わせフォームあり 国内にはさまざまなモバイルバッテリーブランドがあります。各ブランドとも、ほかにないユニークなスペックを採用することで、優位性を高めています。そ

続きを読む

Omnicharge オムニチャージ社 HP内に問い合わせフォームあり 現在、世界のあらゆる国々で、さまざまなモバイルバッテリーが開発されています。そんな中、発売から急速に注目を集めているモ

続きを読む

AirAlly (株式会社ロア・インターナショナル) 住所:東京都新宿区新宿六丁目27番45号THE KINDAI 20 SHINJUKU 3F TEL:03-6231-4061 一般的にモ

続きを読む

スマートフォンやタブレット端末の利用頻度が高い方は、モバイルバッテリーの利用頻度も高いのではないでしょうか。そのような場合、モバイルバッテリーを何度も買い替えるのは高いな・・・と感じてしまう

続きを読む

モバイルバッテリーで、気になるのが「バッテリーの寿命」です。せっかく購入したなら、できるだけ長く使いたいところです。ヘビーユーザーであればなおさらでしょう。では、モバイルバッテリーの寿命はど

続きを読む

Lakko Amazonや楽天にて購入可能 すばやい充電時間にこだわった製品を数多く取り揃えたLakko。Lakkoが取り扱うモバイルバッテリーにはどんな特徴があるのでしょうか。4期連続でベ

続きを読む

モバイルバッテリーは、使用していなくても少しずつ劣化していってしまうものです。そのため、できるだけ長持ちさせるためには、取り扱いに注意しなければいけません。この記事では、モバイルバッテリーを

続きを読む